アトピー肌の私が23歳で手術を決心した話。

 

はじめまして。OLもちこと申します。

 

婦人科形成したい!しよう!と思っても中々決断できない方が多いのではないでしょうか。

 

痛いのかな?

誰にもばれずにできるのかな?
治るのにはどれくらいかかるのかな?
傷跡は残るのかな?

など・・・

症例写真や、病院のブログなどはあってもなかなか実際の体験談はなく決断するのに悩んだりしていませんか?
私もそのうちのひとりでした。

 

そんな私の自己紹介です。

 

OLもちこ(24歳)

アトピー肌です。

生まれたときにはアトピーかわからないくらいにはお肌に悩みを感じていませんでしたが、中学生のころからストレス偏食アトピーが大爆発

思春期真っ最中だったので、卑屈になり自分に自信がなくなりました。

社会人になり、おすすめされた皮膚科でいい先生に出会い、少しずつアトピーが解消してきましたが、まだまだ皮膚はボロボロです。

夏もずっと長袖を着ています。

陰部アトピーに悩まされ、ついに23歳の秋に陰部の婦人科整形を決意しました。

 

私の体験が全てではありませんし、人それぞれ違った悩みや症例があると思うのですが、少しでもそんな方の決断の手助けになることが出来たらなと思い自分の体験を書くことに決めました。 

 

私がしたのは
・大陰唇脂肪注入
・小陰唇縮小
・副皮除去

の3つです。

 

これから少しずつ記事にしていきたいと思いますので、宜しくお願いいたします。