【婦人科形成のリアルな体験談】手術中はどんな感じ?痛みはある?麻酔はする?

 

こんにちは。OLもちこです。

f:id:mochiko_23:20191102091941j:plain


私は

  • 大陰唇脂肪注入
  • 小陰唇縮小手術
  • 副皮除去


3つの手術をしていただきました。
今回は、手術中の雰囲気について書いていきたいと思います。

 

 

 
私が受けた3つの手術内容について


私は陰部のアトピーが酷く、ガサガサのボロボロでした。
しかも陰部が伸びたり、たるんだりしたので様態は悪化するばかりだったので手術を決めました。

f:id:mochiko_23:20191101165654j:plain



その1 大陰唇脂肪注入


たるんでシワシワになった大陰唇に脂肪注入をしてふっくらさせました。
脂肪注入のときのお肉はなじみやすいよう自分の太ももの肉を脂肪吸引し、使用する方法でした。

まず、細い針を足の付け根あたりから入れて太もものお肉を吸引します。
吸引されたからといって見た目がわかるくらい細くなることもなく、全く変化はありませんでした笑

その後専用の機械でこねられて脂肪注入用のお肉になるそうです。

少し話はそれますが、脂肪吸引をすると内出血が酷く青いアザが数週間残ります

普段膝上まで脚をみせる方や、生脚の方は時期やタイミングを気にしたほうがいいと思いますが、
ズボンやタイツ、ロングスカートなどを履いていれば全く問題ないと思います。


その2 小陰唇縮小手術


元々大きかったのですが、衣服等で擦れて腫れたり、痒くて搔いたり引っ張ったりして伸びて大きくなってしまっていたので大陰唇からはみでないように小さくしました。
不要な部分を切除し縫い合わせます。傷口はほとんど目立ちません。


その3 副皮除去


副皮は、ある人とない人がいるそうです。私は、見ていただいたところしっかりとありました。
アカがたまりやすく清潔さを保つのが難しく、ニオイの原因になりやすいそうです。蒸れや痒み、炎症の原因になっていたので一緒に除去したほうがいいのではといわれたので、除去することに決めました。
こちらも余った皮を除去します。傷口はほとんど目立ちません。


いざ、手術開始!手術の流れについて

 

笑気ガスを吸う


まず、酸素マスクを装着し、「笑気ガス」を流します。これは、手術への不安や恐怖を落ち着かせるためのリラックスできるガスです。
私はあまり手術に対して、不安などは感じないタイプでしたが、手術前にもし様態が悪くなったらという緊急連絡先を書いたり、同意書にサインしたりしていると少し手術がこわくなりました。
そういった気持ちがすごく落ち着きます。
また、陰部をずっと見せているのも恥ずかしいですが、このガスで感じなくなりました。笑気ガスってすごい!!


感じ方としては、眠る前のウトウトした状態に似ています。まだ意識はありますし、話しかけられると返答はできる状態です。
ボンヤリしているのであまり何も考えられなくなります。


毛の処理について


手術範囲よりも多めに毛を剃られてしまいます。自分では剃っていきましたが、結構上のほうまで剃られてなくなりました。
特に困ることはないですが、直近で誰かに見られる可能性がある場合、ごまかせない状態なのでスケジュールに気をつけて下さいね。
剃り残しがあってもある程度は剃ってもらえるので安心です。


麻酔をする


いよいよ麻酔をします。点滴で静脈麻酔をし、完全に眠りにつきます。
麻酔のために痛い注射を打つこともありませんし、局所的な麻酔でもないので手術中の様子をみて緊張したり不安にったりすることもありません。
「今から点滴の薬を流していきますね」といわれて数秒後には寝ていました。
その後、トントンと何度か起こされて気分が悪くないかなど状態を確認されたり今ここまで進みましたよと報告してもらいます。

正直ボンヤリしていて「はい」と答えてはいるものの、何も考えれない状態でした。

 

痛みについて

寝ているだけなので、全く痛みを感じずに手術してもらえます。
術後には痛み止めの薬を服用するので痛みを感じずに過ごすことができます。

 

あとは終わるのを寝て待つのみ

最後は、ただ寝ているだけでしたが、手術前や手術中に終始優しい対応や説明ががあったので、不安を感じることなく自分を任せることができたのではないかと思います。

f:id:mochiko_23:20191020192930j:plain


わからないことがある、看護師さんやお医者さんの対応や発言に疑問があっては自分の体を安心して任せることができませんよね。
しっかり病院の雰囲気をみて安心できるお医者さんを選んでくださいね。

 

 【今回のまとめ】

・笑気ガスや、麻酔のおかげでほとんど寝ているだけなので、決意が固まっていれば安心して手術を受けることが出来る。
・自分を数時間任せることになるので安心安全な納得のいくお医者さんにお願いすることが大切。