婦人科成形直後!麻酔はどのくらいで切れる?お風呂は当日は入れる?

 

 

こんにちは。OLもちこです。

アトピーでシワシワになった陰部の手術を受けました。

f:id:mochiko_23:20191101180212j:plain

 

 大陰唇脂肪注入・小陰唇縮小・副皮除去の3つの手術です。

私は抜糸なし(糸が自然にとけて改めて抜糸しなくてよい)1週間コースで手術しています。

 今回は、手術直後の様子を詳しく紹介して以降と思います。

 

 

ちなみに、手術中の詳しい様子や抜糸については過去の記事からご覧いただけます。

 

 

www.mochiko23.com

www.mochiko23.com

www.mochiko23.com

    

麻酔の効果が切れて徐々に目が覚めてくる

 

まず、麻酔が残っているので意識がぼんやりとしていました。

看護婦さんに「手術、無事に終わりましたよ」と起こされて、指示されたことはできるくらい意識はありますが、まっすぐ歩くことは難しく、よろよろとゆっくり歩けるくらいの状態です。

 

圧迫して止血する

 

終了後は着圧パンツを装着し、下着と着圧パンツの間に俵型のコットンを挟んで圧迫させて止血します。(コットンのイメージはスティックのり2本分くらいのサイズです。)

この時の着圧パンツは有料でしたが、安いものを持参して圧迫がうまくいかなかったら・・・と不安になるくらいなら買おうと思い購入しました。

メルカリなどでも売っているので安く済ませたくて時間に余裕のある方はチェックしてみるのも良いかと思います。

あと、生理用品は持参しないと有料になってしまうので忘れずもっていきました。

 

痛み止めを飲む

 

少ししたら看護婦さんに痛み止めの薬を渡されてその場で飲みました。薬のお陰か特に痛さを感じることもなかったです。

その後は、意識がはっきりするまで休ませていただけるので、30分ほど休んで病院を出ました。案外すぐに麻酔が切れて病院をでることができたという印象でした。

14時に受付を済まし、病院を出たのは18時半頃だったと思います。

4時間半お疲れ様、わたし・・・

 

家までは、電車でしたが座ってゆっくり帰ったので特にしんどくなることもありませんでした。

歩く際に止血用のコットンを入れているので歩くのは少し違和感がありました。

 

 

【余談】術後に持っておくと便利なグッズたち

 

縫い合わせた傷跡を清潔に保たないといけないので、看護婦さんにデリケートゾーン用ウェットシートをおすすめされたので、早速薬局で買って帰りました。

トイレの際に、自分の陰部の傷跡を見ると痛々しくて本当に治るのかな?と不安になるレベルでしたが、とりあえず言われたことはきっちり守ろうと思い、優しくウエットティッシュで陰部をふき取り、清潔に保つよう心がけました

 

入浴について

 

お風呂は手術後1週間程度はシャワーのみ(湯船につかるのはNG)でした。

特に浴槽につかれない以外は、普段と変わりなくお風呂に入ることが出来ます。

私はデリケートゾーン用ボディーソープを普段から使用しており、手術後の陰部にも使用しました。

泡で出るタイプなので、「傷口が安定していないのでゴシゴシ洗ってはいけませんよ」とのことだったので不安でしたが、優しく洗うことができましたので本当に本当に本当にオススメです!

シャワーを直接あてるのも刺激が強く禁止なので、洗面器にお湯を入れて何回もかけて洗い流しました。

入浴後はしっかりと着圧パンツを装着して、再び止血の為コットンを挟みます。

 

初日は正直、着圧パンツに慣れなかったり、傷口が痛々しいので不安だな・・・と思いました。

まさに手術を受けて不安な方や、受けるか迷っている方は気が重くなってしまうかもしれませんが安心してください。少しずつ治っていきます。

とにかく焦らずに根気強く待つことが大切だと思います。

 

【今回のまとめ】
  • 麻酔は思ったよりもすぐ切れるので安心
  • 痛みは思ったよりも無い(鎮痛剤のお陰)
  • 傷は痛々しいがお風呂もトイレも問題なし 
  • とにかく術後は陰部を清潔に保つことが大切!

  

少しでもお役に立てれば幸いです。

OLもちこでした。