笑顔のもたらす6つの効果とは?

皆さんは最近笑って過ごせていますか?

f:id:mochiko_23:20191129105228j:plain



ある調査では子供は1日に400回笑うのに対して、大人はわずか15回ほどしか笑わないという結果が出ており、無意識のうちに大人になるにつれて笑う回数は減っているそうです。
私もアトピーが特に酷かったときは自分に自信が持てず、暗く過ごしていたなと思います。
笑顔にはたくさんの幸せをもたらす力があります。

今回は笑顔がもたらす効果についてご紹介します。

 

 


効果その1 ストレス解消&プラス思考

f:id:mochiko_23:20191102091941j:plain

笑顔のもたらす効果で1番大きな効果といわれているのがストレス解消です。笑顔になることで脳内には幸せホルモンと呼ばれるセトロニンが分泌され、ストレスが解消されます。また、明るい気持ちになったり、頭がスッキリしたりする効果もあります。

 

効果その2 免疫力アップ

f:id:mochiko_23:20191112151740j:plain

いつも笑顔の人といつも不機嫌な人では、寿命が約7年も違うという研究結果があるそうです。人の体には、ウイルスや細菌などから自分を守ってくれるNK(ナチュラルキラー)細胞という免疫細胞が存在します。このNK細胞は、笑うことによって活性化させることができます。体の抵抗力・免疫力を高めてくれる細胞で、がんの予防にも繋がります。


効果その3 血行促進

f:id:mochiko_23:20191129110905j:plain

思いっきり笑うと腹式呼吸深呼吸と同じ状態になり、体内に酸素を多く取り込むことができます。それにより血行がよくなり新陳代謝がアップします。また、筋肉と大角膜を動かすと腸の消化機能も良くなります。

 

効果その4 自律神経の安定

f:id:mochiko_23:20191129110225j:plain

自律神経には、体を緊張モードにする交感神経リラックスモードにする副交感神経があり、両者のバランスが崩れると体調不良の原因にもなります。通常起きている間は交感神経が優位になっていますが、笑うと副交感神経が優位になる為、自律神経のバランスが整います。

 

効果その5 美容効果

f:id:mochiko_23:20191102091737j:plain

笑うと目の周りや頬、口角などの表情筋が動くので、血行が促進され肌の代謝がアップします。シミや大人ニキビの予防になり、肌の色ツヤも良くなります。また、免疫力が上がるのでアトピー性皮膚炎の治療力も高まるといわれています。

 

効果その6 人間関係の円滑化

f:id:mochiko_23:20191129105725j:plain


笑顔には人に対して「引き寄せ」の効果があると言われています。この効果は、「笑顔でいると人が集まり、人が集まると笑顔が伝染していき周囲も笑顔になり幸せを引き寄せる」というものです。笑顔は、相手の緊張をほぐしたり前向きな気持ちにさせたりすることもでき、人間関係においてプラスの影響をたくさんもたらしてくれます。

 

まとめ

今回は笑うことによって様々な効果があることをご紹介しました。
気分が落ち込んでいるときや緊張しているときなど、常に笑顔でいることは難しいかもしれません。
そんな時は口角をきゅっと上げると脳が錯覚をおこし、笑顔の時と同様の効果を得ることができます。

いつもより少し、笑顔について意識して心も身体も健康に過ごしてみませんか。

 

以上、OLもちこでした。