私流、いい皮膚科の先生に出会う方法3選

こんにちは。OLもちこです。

f:id:mochiko_23:20191112170732j:plain

みなさんは皮膚科の先生選び、悩んでいませんか。

インターネットで調べて口コミを見ても様々な意見がありさっぱりわからない・・・なんてことはありませんか?

もちろん根本的な話としては、自分の肌の状態は皮膚科の先生によって左右されるものではありません。
治療方法や処方されるお薬によって左右されることがほとんどだと思います。

でも皮膚科の先生で大きく変わることがありますと私は断言できます。私自身がそうだったからです。
私はこの10年くらいで皮膚科を10件近く転々としてきました。

今回はその経験から皮膚科の先生選びに役立ちそうなことを3つお話していきたいと思います。

 

 

その1 先生の発言に注目

f:id:mochiko_23:20191101115945j:plain

私自身、アトピー性皮膚炎だとものすごく卑屈になったり自分に自信がなくなりました。

しかし、実際皮膚科の先生はアトピー性皮膚炎になったことがない、痒みのつらさがわからない方が多かったです。それ自体は全く悪いことではないのですが、

 

「かきむしるから治らないんですよ」
「かくのは我慢してくださいね」
「薬はちゃんと塗ってますか?」
「あんまりよくなってませんね」

 

こういった言葉をよくかけられていました。

 

アトピーの私はとてもひねくれていたので、


「かきたいからかいてるわけじゃないのに」
「薬塗ってても治らないからかいているのに」

と思っていました。

 

アトピーの私は否定的な発言を言われ、悔しいから頑張ろう!

と思うようなメンタルはありませんでした。

そして、アトピーなんてどうせ治らない病気なんだ・・・と気持ちが下がってしまうこともありました。(自分のメンタルが悪いといわれたらそうでしかありませんが笑)

 

今通っている先生は、


「痒いですよね。」
「中々治らなくて申し訳ないですが、一緒に頑張りましょうね!」
「だいぶ落ち着いてきましたね」
「綺麗になってきましたね」

 

と、とにかくすべて褒めてくれるし、責めるような発言は全くありません。

「頑張って治すぞ」という気持ちも湧きますし、アトピーと戦って褒めてくれると素直に嬉しいですよね。

アトピーの症状はメンタルと強いかかわりがあるため、自分にプラスの言葉を与えてくれる先生のほうが実際に治りも早かったです。

日々前向きに生きることはとても大切なことです!!

 

www.mochiko23.com

 という記事もかいていますのでよろしければどうぞ。

かきむしりの行為を否定したり自分のことを悪く言う先生は通うのがしんどくなってしまいましたし、全然親身になってくれない!と思ってしまいます。

 

その2 待合室・待ち時間に注目

f:id:mochiko_23:20191020192930j:plain

予約制を取り入れているにもかかわらず、予約がいっぱいで待合室で待つ人が多い病院は評判のよさが感じ取れます。
それだけ長時間待っても先生の診察を受けたい人が多くいるということです。

待ち時間が長いのはネックかもしれませんが、苦にならない方はチェックしてみてください。

その3 実際に薬の効果があるか

f:id:mochiko_23:20191102145405j:plain

 

実際に薬を処方されて効果はすぐにはないかもしれません。
効果が実感できない場合は病院を変えるべきかもしれません。

その1で挙げたように先生が信頼できる・自分の意見を言える先生の場合は
「あまり改善していないようです」と伝えることができるか?という視点で判断しても良いと思います。


今回のまとめ

 

信頼できるいい皮膚科の先生に出会うには・・・

  • 優しい言葉を選べる先生かどうか
  • 待合室は混雑しているかどうか
  • 実際に薬の効果はあったかどうか

 

少しでも参考になれば幸いです。

以上、OLもちこでした!

 

 

過去記事もよければ目を通してみてください。
www.mochiko23.com

 

 

www.mochiko23.com